花を咲かせよう

花を咲かせよう

公社債

いわゆるペイオフ⇒予測できなかった金融機関の経営破綻が原因の倒産が起きた場合に、預金保険法により保護することとされた個人や法人等の預金者の預金債権に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事なのです。
西暦2010年9月10日、日本振興銀行が突如経営破綻したのある。これが起きたために、初めてのペイオフが発動したのである。このとき預金者の約3%程度、それでも数千人を超える預金者の預金が、上限額適用の対象になったと推測されている。
巷で言われるとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)が新たな金融商品としてファンドを開発し、それを健全な運営を続けるためには、想像できないほど本当に数の、業者が「やるべきこと」、それともちろん「やってはいけないこと」が事細かに規定されているわけです。
ご存じのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)が独自のファンドを開発し、運営するためには、目がくらむようなたくさんの、業者が「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が法律等により定められています。
15年近く昔の平成10年6月、当時の大蔵省の金融部局であった銀行局や証券局等が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分のセクションを切り離して、当時の総理府の外局(府省のもとに置かれ、特殊な事務、独立性の強い事務を行うための機関)として金融監督庁というこれまでになかった組織ができあがったという流れがあるのです。
おしゃるとおり「重大な違反」なのかそうならないのかは、監督官庁である金融庁において判断すること。大方のケースでは、些末な違反がたぶんにあり、そのあおりで、「重大な違反」認定されてしまうもの。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)である。注意:取得してから30日未満に解約したい場合・・・これは手数料に罰金が上乗せされることを知っておこう。
西暦2008年9月15日のことである。アメリカの国内第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したことはご存じだろう。このショッキングな出来事がその後の世界的な金融危機の引き金になったので「リーマン・ショック」と名づけられたのだ。
つまり「重大な違反」になるかそうでないかは、金融庁が判断をするものです。ほぼ全ての場合、わずかな違反が多くあり、その関係で、「重大な違反」判定されてしまうものです。
1946年に設立された一般社団法人日本損害保険協会は、日本国内の損害保険各社および業界全体の健全で良好な発展と信用性のさらなる向上を図り、これによって安心さらに安全な社会を実現させることに寄与することを協会の目的としているのだ。
簡単にわかる解説。外貨預金とは、銀行が扱っている運用商品を指す。円以外の外国通貨で預金する商品の名前です。為替レートの変動によって発生する利益を得ることがある反面、同じ理由で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
覚えておこう、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債国債社債など)や短期金融資産で運用して利益を求める投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)です。気が付きにくいが取得から30日未満という定められた期間に解約しちゃうと、手数料には罰金分も必要となるということである。
【用語】金融機関のランク付けの解説。格付会社が金融機関など社債などを発行している会社の持つ、支払能力などの信用力を一定の基準に基づいて公平・中立的に評価するのだ。
【解説】FX:証拠金をもとに外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す比較的はじめやすい取引。FXは外貨預金や外貨MMFなどよりも利回りが高く、また手数料等も安いのが魅力である。FXに興味があれば証券会社またはFX会社で相談しよう。
よく聞く「失われた10年」という言葉は本来、一つの国であったりどこかの地域の経済が大体10年以上の長きに及ぶ不況並びに停滞に襲われていた時代を意味する語である。

広告を非表示にする